マーケティング調査でサービス向上|専門の会社に依頼しよう

レディー

業者選びの注意点

メール

特定の消費者にDMの発送をするとき、自社で作業をするよりも専門の業者に代行してもらったほうがコスト削減に繫がります。業者を選ぶときは、費用や発送伝票受け取りなどの確認をしましょう。

詳しくはこちら

業者が行なう調査

データ

マーケティング調査は、企業のサービスや商品を提供する際に顧客の要望や必要としていることを調べることです。マーケティング調査には膨大な時間や費用がかりますが、これは企業の利益を上げるためには重要な過程なのです。マーケティング調査にはいろいろな手法があります。顧客の情報を集めるためにアンケートを実施したり、直接話をするために座談会や面接などを行なったりします。しかし、座談会による調査はより詳しい生の意見が聞ける代わりに全体の調査数が少なくなるので、そのままの情報を商品に取り入れても利益には反映させづらくなります。また、最近ではネットによる調査も一般的になっていますが、メールだとそもそも回答数が少なくなるので、詳細な結果は得られません。

企業の成績を上げるためにマーケティング調査を行なうなら、やはり調査のプロに依頼するべきです。現在、マーケティング調査を専門で行なっている業者がたくさんあり、委託したほうがコストの削減になる場合があります。しかし、調査を委託する場合業者の実績やデータの母体数などを確認する必要があります。全体の調査数が多いならそれだけ顧客が求めていることを知ることができますし、実績があればデータ収集や分析を効率的に行なうことができます。さらに、業者によっては得意としているターゲットが違う場合があります。化粧品や飲食店など依頼する業者が得意としているターゲットを見極めて、本当に調査を任せられるか判断しましょう。ネットには多くの業者の情報があるので、いきなり一社に絞らず複数の業者を比べることも大切です。

アピールポイントを伝える

広告

お店の集客率を上げるためには人目を引くような看板を作るべきです。看板製作の際は、街を歩いている人に見つけてもらうことやお店の特徴をアピールすることなどに気を配りながらデザインなどを決めましょう。

詳しくはこちら

送付する目的を明確にする

人とアットマーク

ダイレクトメールを発送するなら、送付する相手別で目標を決めるべきです。顧客の新規開拓や販売促進など、目的別に作成すればコスト削減に繋がるだけでなく、反応率や売上も上がるでしょう。

詳しくはこちら